三軒茶屋の整体・マッサージ「こさきヒーリング・ワン」。

三軒茶屋の整体・マッサージ「こさきヒーリング・ワン」

よくあるご質問・Q&A

今までのコラム/動画

  • 今までのコラム/動画

『7つのダイエット習慣』 2014.10.1

☆ダイエットには、どのような習慣がよいか?

〇その7つの方法とは?

1.食べ物をバランスよく取る

2.大人は1日3食はいらない

3.よく噛む習慣をつける(早食いは太りやすい)

4.食事は、野菜→タンバク質→炭水化物の順に取る

5.脂肪の燃焼には軽ジョギングから

6.日常生活では、小まめに体を動かすこと

7.不規則な生活を避けて、1日7時間以上の睡眠が必要

以上が、ダイエットしやすくするための習慣です

この内容を、実行するとかなり良い『ダイエット成功の道』になります。

皆さん、頑張ってみてください!

『元気UP法・この夏をのりきるには?』 2014.8.20

甘い食べ物は、控える。

甘い食べ物は、ビタミンを壊すので身体が疲労しやすくなります。

その代わりに、たくさんクエン酸の入った食べ物、レモン類・お酢類・梅干しなどを多く摂取すると元気になりやすいです。

あと、タンバク質の摂取も必要ですよ!

以上の内容は、実行するとかなり良い『夏バテ解消法』になります。

あと、「上質な睡眠」の内容が、今までのコラムの最後の方に記載されていますので、参考にして頂けると良いかと思います。実行してみてくださいませ。

皆さん、頑張ってみてください!

「思いは叶う」 2014.7.9

【願望達成プログラム!】

〇やり方〇
毎日、寝る直前に10回、
7日間以上継続して、
(願望が達成するまで)

確実に、自分自身に暗示を唱えること。

例えば「毎日、何があっても、自分の人生はどんどん良くなる」のように。

自己暗示で、良いイメージの肯定的習慣が養われます。
願望の暗示の言葉は、何でもよいです。

これは脳が活性化するということでもあります。

ダイエットにも応用できますね!

ぜひお試しくださいませ

(効果はやり方次第ですが、個人差が有ります)

〇当院では、体質改善治療を奨励しております
ぐ~んと体調が向上して病気になりにくい身体にしていきます

〇早寝をしましょう!
睡眠不足・風邪引きには、ご注意を!

〇手タッチ・冷やす法・呼吸法・耳引き・叩く法は、たくさんやりましょう

脳圧を下げ、脳の血の循環を良くし脳・肝臓・腎臓の働きを活性し良くします

では、治療ケアにお越しになられるのをお待ち致しております!

「花粉症対策について」 2014.4.28

☆特報1、
【舌下免疫療法】

舌下に液を垂らす、自宅でできるもの

副作用がなく、かなり効果あるようです

今年、病院で保険適応になるそうです。

☆特報2、
食物できる花粉症対策法
【レンコン】です

レンコンの煮汁を毎日100mlを飲むことで効果がある
(効果には個人差があります)

試してみてくださいませ

〇当院では、体質改善治療を奨励しております
ぐ~んと体調が向上して病気になりにくい身体にしていきます
花粉症にも効果あり

〇早寝をしましょう!
睡眠不足・風邪引きには、ご注意を!

では、治療ケアにお越しになられるのをお待ち致しております!

「ため息とあくびについて」 2014.1.20

こんにちは!
新年になってかなり寒くなって来ましたね。

風邪の方が多くなってますので、マスクとうがい、手洗いは、まめにしましょう

ため息と あくびのワンポイントをお伝えします

〇題して
【深呼吸をしましょう!】

ため息」や「あくび」は人前ですると、みっともない失礼なイメージがあります

実は脳に酸素が足りなくなっている信号なんです。脳酸欠状態 !

だから、しっかりと「ため息」「あくび」はしたほうが良いです

〇当院では、体質改善治療を奨励しております
ぐ~んと体調が向上して病気になりにくい身体にしていきます

〇早寝をしましょう!
睡眠不足・風邪引きには、ご注意を!

〇手タッチ・冷やす法・呼吸法・耳引き・叩く法は、たくさんやりましょう
脳圧を下げ、脳の血の循環を良くし脳・肝臓・腎臓の働きを活性し良くします

では、治療ケアにお越しになられるのをお待ち致しております!

『こさきヒーリング・ワンは健康を促進するために、これからも一緒に頑張って参ります 』

「脳内ホルモンで安心感」 2013.12.9

こんにちは!
段々と寒くなって来ましたね。

風邪の方が多くなってますので、マスクとうがい、手洗いは、豆にしましょう

不安感の解消法のワンポイントをお伝えします

〇題して
【脳内ホルモンで安心感】

特にこの時期は、気候の不安定で精神面も不安定になり、何か不安を感じて弱い方は気持ちが辛くなりやすいです。

【対処法】
不安感に襲われたら、
お腹の筋肉の外も内側のインナイマッスルも全部一気に強く力を入れます。
お腹をへこませる様に強く縮めます。

数秒間(できるだけ継続)、力を入れたままにします。何回も行います。

そのことにより脳内ホルモン、アドレナリンが出て来て、脳意識が不安感を解消します。(効果には個人差有り)

お試しくださいませ

〇当院では、体質改善治療を奨励しております
ぐ~んと体調が向上して病気になりにくい身体にしていきます

〇早寝をしましょう!
睡眠不足・風邪引きには、ご注意を!

〇手タッチ・冷やす法・呼吸法・耳引き・叩く法は、たくさんやりましょう

脳圧を下げ、脳の血の循環を良くし脳・肝臓・腎臓の働きを活性し良くします

では、治療ケアにお越しになられるのをお待ち致しております!

『こさきヒーリング・ワンは健康を促進するために、これからも一緒に頑張って参ります 』

「上質な夏の睡眠のとり方」 2010.7.20

人間の快適温度は、18~23℃といわれています。

この時期は、蒸し暑く寝苦しく、この先熱帯夜が続き浅い眠りが多くなります。
そうすると、脳圧が上がって頭が張り脳と体幹が緊張状態になり、睡眠不足になり、体の回復ができなくなります。
疲労してきます。
よって、腎臓、肝臓の機能ダウンすることになり、だるさ、気力ダウン、スタミナ不足になり、
体がさらにきつくなるのです。
では、どうすればよいか?

簡単です。寝るときに部屋の中を「冬の部屋の状態」を作ればよいのです。
理由は、「冬はよく眠れるでしょう!」
その方法は、部屋の温度をエアコンで23℃以下に設定して、部屋の温度を23℃以下にするのです。
一晩中23℃以下にしておくことです。エアコンはつけっ放しにするのですよ。

かなり寒いです。だから「冬の状態の部屋」になるのです。
そして冬に寝るときのように、冬のパジャマで、冬の布団で、寒くないようにして寝るのです。
くれぐれも風邪を引かないように着込んで寝るのです。
あと、寝る30分前からエアコンをつけて部屋を寒くしておくことです。
このようにすると、頭は涼しく体は温かくて熟睡できて、疲れが取れ体の回復になるのです。

上質な睡眠です。
ご予約承っております。